tumblr junkie in tokyo。もう、ほうっておいてください。

 

461 名前:涎(よだれ) ◆90luq5TOlE [] 投稿日:2006/12/24(日) 01:04:29 ID:tcHarHQ10 ?2BP(3123)
道を歩いていたら向こうから歩いてくる黒髪のきれいな女性と目が合って、
次の瞬間その女性にパパーン!と切れの良い往復びんたを張られ
何がなんだかわからずにうろたえていると
「痛い?混乱してる?でもあなた、勃起してるわよ…。ふふっ、やっぱりマゾなのね。バイバイ」
って耳元でささやかれてすぐに立ち去られたい。
そのとき、なびいた黒髪に頬をなでられたい。
数日後、テレビを見てて「あ、あれ!!栗山千明!!」って気づきたい。
寒い冬が良い。

昨日後輩が飲み会に誘われてたんだけど純真無垢な瞳で「あっごめんなさい、ぼく今日ウチの夕飯グラタンなんで!」って断っていて「じゃあ仕方ないよね感」がその場一体を包んだ

「ダメ男にばかり引っかかる」って言う女よくいるけど男なんて10人並べたら7、8人はまあまあダメだからな

愛されている実感をもってこの世に生を受け、愛されている 実感をもってこの世から去るなら、生きている間に起こるすべてを乗り越えられるのです。

たとえ教授に中傷されたとしても、そう感じないでしょう。上司にしいたげられようとも、へこたれないでしょう。会社の同僚に打ち 負かされたとしても、成功の喜びを感じられるでしょう。

愛情を受けて育ってきた人を、心から傷つけることはできません。自分が愛される価値のある人間だという実感をもっているからで す。それ以外の感情はただの包み紙のようなものです。

しかし、愛された記憶がなければ、心を満たすものを求め、世界中を探し回るようになります。

ALL Michael Jackson Oxford Speech
 http://slowly.org.uk/mj/

愛される権利。自ら求めずとも。
   
守られる権利。どんなことがあっても。
   
かけがえのない存在だと感じられる権利。何も持たずにこの世に生を受けようとも。
   
話を聞いてもらえる権利。大人にはおもしろくない話でも。
   
寝る前に読み聞かせをしてもらえる権利。夕方のニュースや、『イースト・エンダー』(イギリスの家族ドラマ)に時間を取られることなく。
   
教育を受ける権利。学校で銃弾におびえることなく。
   
かわいがられる対象となる権利 (たとえ平凡な外見だとしても)。

どの人も、自分が愛される対象であると実感することが、認識の土台、つまり意識のはじまりなのです。髪の色が赤か茶色かを知る以 前に、肌の色が黒か白かを知る以前に、どんな宗教に属しているかを知る以前に、自分が愛されていることを実感できなくてはならな いのです。

ALL Michael Jackson Oxford Speech
 http://slowly.org.uk/mj/

子どものころ、わたしは甘いものに目がありませんでした。 ―兄弟みんなそうでした。シロップに覆われたドーナツが大好物で、父 はそのことを知っていました。数週間に一度、朝1階に下りて行くと、紙袋に詰め込まれたドーナツがキッチンカウンターに置いてあ ったんです ―メモも説明もなく― ドーナツだけが置いてありました。まるでサンタクロースみたいでした。 夜中まで起きていて、 ドーナツが置かれるところをみようと思うこともありました。 でも、サンタクロースと同じように、二度とドーナツが置かれなくなるこ とを恐れ、その魔法を大切にしようと思いました。父はだれかに見られないように、夜中にこっそり置かなければなりませんでした。 父は自分の中の人間的な感情におびえ、それを理解できず、どうしていいかわからなかったのです。しかし、ドーナツの件ではわかっ ていたようです。心の防波堤の扉を開けたままにすると、わたしの心に様々な記憶が走馬灯のようによみがえってきます。 ちょっとし たことで完全ではありませんが、その記憶は ゛父ができることをしてくれた゛ ということです。そこで今日これからは、父がしてくれ なかったことに目を向けるのでなく、父がしてくれたこと、父の努力に目を向けようと思います。 そして、父を非難するのをやめよう と思います。わたしは父が南部の貧しい家庭で育ったという事実に思いをはせるようになりました。

父は世界大恐慌の年に、この世に生を受けました。 わたしの祖父は家族を養うのに精いっぱいで、ほとんど愛情をしめすこともなく、子 どもたちを厳しく育てました。 アメリカ南部で貧しい黒人が大人になっていくということが、みなさんにはどういうことか想像もつか ないでしょう。人間としての尊厳を奪われ、望みを失い、身分の低い者として見られる世の中で、一人前になるようもがくことなのです。 わたしはMTVで最初に歌った黒人アーティストです。当時でさえ、大きな出来事だったと記憶しています。それが80年代のことです。

ALL Michael Jackson Oxford Speech
マイケルのオックスフォード大学でのスピーチ。
こどもが愛されることの大切さについて。
 http://slowly.org.uk/mj/

4歳のころ、小さなカーニ バルで、父が私を抱き上げ、ポニーに乗せてくれたという記憶があります。それはちょっとしたしぐさで、おそらく5分後には、 父は忘れてしまったことでしょう。しかし、その瞬間、わたしの心の特別な場所に、父への思いが焼き付けられました。子どもとはそ んなもので、ちょっとした出来事がとても大きな意味をもつのです。わたしにとっても、あの一瞬がすべてとなりました。たった一回の 経験でしたが、父に対して、そしてこの世の中に対していい思いを抱いたのです。

ALL Michael Jackson Oxford Speech
 http://slowly.org.uk/mj/

寝る前の本の読み聞かせという貴重な時間を大切にしていますか。1980年以降の調査によると、読み聞かせをしてもらっている子ど もたちは優れた教養を身につけ、学校でもいい成績を修めています。しかし、イギリスの2歳から8歳の子どものうち、毎晩本を読み聞 かせてもらっているのは33%にも満たないそうです。今の親たちが子どものころには、75%が本を読み聞かせてもらっていたこと を考えると、もっと深刻にとらえなくてはならないでしょう。

ALL Michael Jackson Oxford Speech
http://slowly.org.uk/mj/